KAZUSC

KAZUSCは横浜市鶴見区にある地域のサッカークラブです

facebook twitter


menu

PAGE TO TOP

  • スキルアップクラススキルアップクラス
  • ゴールキーパースクールゴールキーパースクール
  • NEXT LEVEL SCHOOLNEXT LEVEL SCHOOL

自分を磨くこと


本日は、「自分を磨くこと」についてお話をさせていただきます。

“自分という存在は、自分にしか分からない”

この揺るぎない大前提をもとに、お話を進めて参ります。
例えば、自分がやろうと思ったことをとことん突き詰めて行動に移すことが出来る自分がいると仮定し、ふと上手くいかないことがあった時に、感情的になり落ち込み次の行動に移せない自分が現れた時に何を思うか。
マイナス感情が今までの自分を覆い隠し、今まで出来ていたことが出来なくなるような心理状況になってしまうことがよくあります。
私自身も同じような経験があり、メンタルというものがとても大切なのだと思い知らされました。

一生懸命試合で活躍するために練習し、誰よりも努力し、自分の中でも納得がいくぐらい走り、トレーニングして挑んだ試合で大きなエラーをし失点。。。そして敗戦したとき。
これまで積み上げてきたものが全否定されたような感覚に陥り、試合後にはかなり落ち込みました。
そんな落ち込んだ自分をそこからどうやって自分を奮い起こしていくのか。
私の場合は、何が良くなかったのかを考える前に、とにかく自分で身体を動かし、更に自分に課題を課してトレーニングに挑んでいくことで、いつの間にかメンタル的にも回復し頑張る気力が湧いてきます。

選手のみんなはどうやって自分を磨いているのだろうか。

“自分という存在は、自分にしか分からない”

これをいかに突き詰めることが出来るかが大切である。
親から、また友達から、そして私たちコーチから言われたことが、あたかも自分の考えかのように物事を進めてはいないだろうか。
例えば、「~はフィジカルが弱いから」「~はメンタルが弱いから」などネガティブな声掛けに、「ひょっとしたら自分はそうなのでは」と考えてはいないだろうか。
他者の意見はあくまでその人の主観であり答えではないことを理解しておきたい。
全く聞き入れないということではなく、他者から見た自分がどのように映っているのかを把握する大切な材料であること。

自分とは尊いものです。
私という存在は、この世でたった一つしかない尊い存在です。
自分が何者なのかを追求し、相手を傷つけ相手に傷つけられた時に何を思うのか、相手を助け相手に助けられた時に何を思うのか。

自分ってこういう人間なのかもしれない。
そんな答えを導き出していくために、毎日自分というかけがえのない存在を大切に生活し磨いていくこと。

“自分という存在は、自分にしか分からない”

自分を心から大切に。

折見


オフィシャルクラブパートナー


SNS