KAZUSC

KAZUSCは横浜市鶴見区にある地域のサッカークラブです

facebook twitter


menu

PAGE TO TOP

  • スキルアップクラススキルアップクラス
  • ゴールキーパースクールゴールキーパースクール
  • NEXT LEVEL SCHOOLNEXT LEVEL SCHOOL

【育成コラム】水分補給の大切さ


水分補給の大切さ

これから気温が高くなり、たくさん汗をかき始める時期になるので熱中症等にもなるので、水分補給の大切さやタイミングをまとめました。

人間のカラダは体重の約60%が水から出来ていて、筋肉やカラダが正常に動かす為大事な役割をしています。

体の中で神経が働き、筋肉が働いてその動きを実現します。ほとんどが水分のある環境のもとで行われる化学反応です。またウォーミングアップをすると身体が温まります。サッカーの動きは熱を生じるので、体温を一定に保ってよい状態で運動し続けるには、水を用いてこの熱を体外に逃がす必要があります。水分が酸素や栄養素を運んでサッカーのスタミナを生み出し、一方で老廃物を運んで、肝臓と腎臓で尿をつくり、体外に排泄します。夏になると太陽熱や照り返し、気温や湿度などの熱ストレスが加わってカラダに負担をかけてきますので、汗や吐く息の水蒸気などで水分が奪われ、体内の水が減っていきます。水分が減れば汗がかけなくなって、体温が上昇し、熱中症のリスクが高まります。

体内の2%の水分を失ったらパフォーマンスレベルも低下するので、喉が渇いたと思い始める前に摂取するよう心がけましょう。

水分減少率

2%・・喉の渇き

3%・・強い渇き、ぼんやりする、食欲不振

4%・・疲労困憊、体温上昇

5%・・頭痛

8〜10%・・けいれん

〜水分補給のポイント〜

1・スポーツドリンクには糖分や電解質が含まれておりカラダの機能を調整します。

※水や麦茶には糖分や電解質が含まない。

2・1度にたくさん飲みすぎない。

3・こまめに摂取する。(10分〜15分は間隔を開ける)

4・適度に冷やしておく(5〜15℃が望ましい)

5・運動前に水分補給をする。

運動開始30分前までに250〜500mlの水分を摂るようにしましょう。

運動中は1時間に500〜1000mlを目安に補給しましょう。

ただし気温や運動強度、体格等によって必要量は変わってきます。

暑い季節がやってきますがしっかりと水分補給をしながら乗り切れるよう頑張りましょう。


オフィシャルクラブパートナー


SNS